最適解を追求するブログ

いろいろな考え、商品、習慣などを皆さんに知っていただくブログです!

テレビは見ない

 

皆さん、テレビは見ますか?僕は見ませんというと言いすぎなんですけど野球以外はほとんど見ないです。

いきなり題名で嘘ついてすいません(笑)

 

理由としては

 

1.芸能人などに興味がない

実家に帰ると、周りがバラエティを見ているので見ると面白いと思ったりするのですが、芸能ニュースなどは全く見ません。不倫したりスキャンダルがあると本人や、CM関係者、事務所は気が気ではないでしょうが、自分たちには何の関係もありませんし、そこから得られる教訓もありません。叩いて、自分はいけていると思いたいのでしょうか?時間の無駄です。自分の母は、芸能ニュースを見て独り言のように共有してくるのですが、いらないストレスをもらってきて共有するのはうんざりですよね。

 

2.いろんなツールがある

最近ではYouTubeはもちろんのこと、アマゾンプライム、ネットフリックス、アベマ等々いろいろなツールがあるのに一番見たいものがテレビなんてことは確率的に少ないですよね。

 

3.受動ストレス

最近、耳にするようになった方も多いのではないでしょうか?受動喫煙のようにテレビのマイナスなニュースを見るとストレスを感じてしまうというものです。自分は動物が好きで犬や猫が大好きなんですが、動物虐待などのニュースが流れるとどうしても見てしまいます。そうすると怒りとも、悲しみともわからない感情が沸き起こってきます。朝に見るともう...(泣)。ポーカーフェイスが苦手な私としては、顔に出てしまい周りにも悪い印象を与えるので最悪ですよね。

 

4.CMが無駄に長い・多い

録画して早送りにすればいい話なのですが、実家で普通に見たときにはうんざりですよね

 

5.関連する事件が増える

3.の受動ストレスに関連しているのですが、太っている人が太っている人に関するニュースを目にすると、チョコレートを食べる量が増えたりという実験があります。

また、下の影響力の武器に載っており、新聞でも認められているのですが、同じような境遇の人が事故や事件を起こすと触発されて、同じような事件を起こしてしまうというのです。例えば、自殺が大きく報道されると自殺件数が有意に増加するといった具合です。ウェルテル効果ともいわれますね。

 

optimizer-tatsuki.hatenablog.com

 

また、最近スポーツ観戦について、負けると予想されるチームが勝ってもストレス減少は見られないが、勝つと予想されているチームがや敗れるとストレスが増加するといった記事も目にしました。

国民性や応援度合などもあるかとは思いますが、自分も結構当てはまります(-_-;)

 

試合後の暴動は「合理的」:行動経済学の分析|WIRED.jp

 

最近は、野球をみる時間を減らそうと努力しているのですが、完全にはなくせないですよね(笑)